セレモニーホールを利用した葬儀では、一連の行事がスムーズに行えます。忙しい現代人に合った葬儀方法です。
最近は葬儀を自宅では無くホールで行うか家族が多いです。

現代人に合ったセレモニーホールでの葬儀

最近は、自宅ではなくセレモニーホールを利用して葬儀、告別式を行う例が増えました。
セレモニーホールの利点は、通夜、葬儀から精進落としまでの一連の行事が、時間を置かずに素早く出来ることです。

必要なものも用意されているので、何かと慌しい葬儀の負担が多少なりとも緩和されます。
自宅で葬儀を行っていた頃は、とにかく準備が大変でした。
まず葬儀を行う会場を作らなくてはなりません。そのために襖をはずしたり、物を片付けたりと大わらわです。

また、料理も大抵は自宅で作っていました。
近所の人たちが総出で天ぷらを揚げたりご飯を炊いたりします。
準備も大変ですが、後片付けも大変でした。
遺族も参列者もなかなかそこまで手間をかける時間が取れない現代です。

セレモニーホールでの葬儀は、現代人の需要に合わせて増加していったのでしょう。

もちろん今でも自宅で葬儀を行う例はあります。
葬儀は自宅でも精進落としはセレモニーホールを使うなど、各家庭に合った利用の仕方が出来るのです。

セレモニーホールでは葬儀、告別式の間に精進落としが別の部屋に用意され、式の終了後にはスムーズにそちらへ移ることが出来ます。
配膳も済んでいるので、席に着けば良いという状態になっています。
また通夜を同じ会場で行う場合、お風呂付きの遺族控え室を持ったホールも多いので安心です。

布団が用意され、宿泊も可能です。

このように便利なセレモニーホールは、家の事情に合わせて利用出来るという長所もあります。

Copyright (C)2017最近は葬儀を自宅では無くホールで行うか家族が多いです。.All rights reserved.